カテゴリ:日記( 1423 )

明日へ

やあ ひさしぶり ご無沙汰です

高校では一緒に机を並べた友から 

久しぶりにメールが届いた




b0223257_12485690.jpg





どんより曇った空の向こうに青空が見えた

トウモロコシが ゆうにひとの背丈を超えていた

たしか ほんの少し前には 腰のあたりだと 思っていたのだが

べつに 忙しさにかまけていた訳でもないのに

いつも見ていると思っていた 窓からの風景

意識をしていなければ 眼に映る風景も

ひとの記憶には残らないものなのか





そろそろ 人生のまとめを始めなければ

良い人生だっと思えるように

齢なんて 気付かないうちにとっているもんさ



そんな 彼からの言葉が頭を過ぎった




下降線を描くような彼の言葉に

反論しない自分が 淋しかった









トウモロコシの向こうには

今日も 小さく青空が 見えている 
by robirobi0807 | 2011-07-26 12:49 | 日記

赤い雨が降る

b0223257_22224642.jpg


いやいや 本当に降った訳ではありません。

ありませんが そう思えるほど あの日は不思議な夕暮れでした。
by robirobi0807 | 2011-07-23 22:24 | 日記

どっち?

b0223257_9382632.jpg


何をやっても 上手くいかないときがある

そんなときは

大人しくしている?

それとも 強気に出る?
by robirobi0807 | 2011-07-21 09:40 | 日記

コーヒーブレイク

ちかごろ ちょっと おつかれモード
バンドのライブがあったり フリマがあったり 作品展・常設展 もちろん撮影のお仕事も
まあ 今年は頑張りどころ
一気に押せ押せ 上げ潮に乗らなくては

でも ここらでちょこっと いつものお店でコーヒーブレイク

あ そう言えば ここでも頼まれていたんだ 作品展
ううう・・・  今年中に あと3つ?・・・
毎月の常設展もあるし・・・汗

やっぱり コーヒー飲んでる場合じゃない?

b0223257_8454639.jpg


b0223257_8463312.jpg


b0223257_847780.jpg


b0223257_8486100.jpg


b0223257_913660.jpg


b0223257_8491377.jpg


by robirobi0807 | 2011-07-19 09:05 | 日記

入道雲とカミナリさま

b0223257_13241728.jpg



午前中、ちょこっとロケハンに。
午前中とはいえ、すでに34度。
暑いと言うより もう熱い!

でも、こんな真っ昼間じゃロケハンにもなりゃしない。
ギラギラの太陽が真上で頑張っているし。
分かっていたけど、時間もない。
でもやっぱり まったく感じが掴めない。

何もしないで帰るのも癪だから、
そこいらへんでちょこっと撮影。



b0223257_13231841.jpg




帰ってみれば、入道雲。

あ、カミナリ様だ!




夏だなぁ~
by robirobi0807 | 2011-07-10 13:26 | 日記

ここらでちょっと・・・

b0223257_7342786.jpg



b0223257_7344348.jpg


・・・とくれば・・・

やはり ひと休み?

いつものお気に入りのお店で ちょっと コーヒーブレイク

さすがに引っ越しは 疲れるわ~
by robirobi0807 | 2011-07-04 07:38 | 日記

ラブレター

b0223257_192637.jpg




すてきな時間を ありがとう
by robirobi0807 | 2011-06-29 01:09 | 日記

誘われて

b0223257_23411483.jpg



梅雨と梅雨の間の晴れ間

暑かったけれど

入道雲に誘われて

どこまでも歩いてみようと思いました
by robirobi0807 | 2011-06-23 00:29 | 日記

参加決定

b0223257_0471334.jpg


安曇野市豊科近代美術館で今年10月に開催される 「2011 アート・クラフト・フェスティバル IN 安曇野」 “6 days gallery” への参加が決まりました。

さてさて どうなりますやら・・・



  
 
by robirobi0807 | 2011-06-20 00:57 | 日記

森の中で・・・

b0223257_1414737.jpg


森の中などで撮影していると ときどき不思議な体験をする。

向こうの方で、おいでおいでと手招きされた。
アカシヤの花の絨毯の上を歩いて近くまで行くと、
そこにはコンクリートの隙間から唐突に生えた葉っぱがあった。
風のない穏やかな日。

でも、たしかにそれは 手招きをしていたんだ。
by robirobi0807 | 2011-06-13 01:42 | 日記