街中の鍛冶屋




b0223257_2341096.jpg






b0223257_2343252.jpg






b0223257_2345135.jpg






b0223257_237924.jpg






b0223257_2372571.jpg






b0223257_2374715.jpg





村の鍛冶屋って唄があるだろう?
昔はどの村にもあったんだ  鍬や鎌なんかを作ったり直したり
それもだんだん無くなってしまった  やっていけないんだよ もう
ましてうちはこんな街中だろ?  自分でも大したもんだと思うよ
俺の身体ももうボロボロさ
燃料も高くなったしな  それもあればいいがなかなか手に入りにくくなってな
  それ コークスですね?  
おー良く知ってるな  
  小学校のストーブはコークスでしたから・・・
親父の代から始めて 俺が二代目  その俺も もう・・・と両手で 8 を作ってみせた

  あれ なんですか?
あれか? あれは神様 鍛冶屋の神様だ
毎年1本作る  だからあれの数を数えれば何年やってるか分かる  たくさんあるだろ

  暑くて大変ですね?
そうか? 暑いか? 湿度が無いからそんなに暑くないだろ?

・・・

そんな会話を暫くして そこを出た
外に出て驚いた 炎がゴーゴーと燃え盛る作業場よりも外の方が暑く感じた
一瞬 街の中の不思議な空間へ迷い込んでいたような気がした・・・
by robirobi0807 | 2013-07-26 23:37 | 日記
<< Let’s ON 記憶の連鎖 >>