朝露が・・・




b0223257_2159380.jpg






b0223257_21594681.jpg






b0223257_2203645.jpg






b0223257_2211868.jpg





朝露が招く  光を浴びて
はじめてのように  ふれる頬

手のひらに伝う  君の寝息に
過ぎてきた時が  報われる

いつか風が  散らした花も
季節巡り  色をつけるよ

また君に恋してる
今までよりも深く
まだ君を好きになれる
心から

詩:松井五郎 


・・・って  写真と詩が全く合っていないし・・・

はい すいません  マクロレンズ 持って行くのを忘れちゃいました(涙)
by robirobi0807 | 2013-07-12 22:12 | 日記
<< 虚実の距離 あなたとわたし >>