雨の朝

偶然(ぐうぜん、英:contingency)とは、必然性の欠如を意味し、
事前には予期しえないあるいは起こらないこともありえた出来事のことである。

対語は 『必然』

b0223257_8573482.jpg






でもね、
偶然であったはずのものが
ある日突然 必然に変わっていたり

偶然であると思っていたものが
本当は 必然であったと気付いたり



写真は、石畳に落ちる木漏れ日

陽の光りはどんどん動いていってしまうのはずなのに
良く見ると 雑草は光の当たっているところだけに生えていた

これって 偶然?
それとも 必然?



ああ 僕は 朝から何を考えているのだろう

そんな気にさせる 雨の朝
by robirobi0807 | 2011-06-02 08:59 | 日記
<< オハヨー! 月のカケラ >>